カテゴリー別アーカイブ: 練習法

まずは、自分の弱点を知る【Eさん投稿】

私がギターを練習していく中で挫折しそうになったのは、自己評価と他人の評価がずれていたことです。自分は難しいフレーズを完璧に弾けていると思っていても、周りからの評価が悪く、挫折を経験しました。当時を振り返ると、マンションで暮らしており、アンプのボリュームを上げることができず、近所迷惑になるので、かなり音量を下げて練習してました。そこにエフェクタをかけて、練習してたのですが、こういった環境でアンプから出力されるサウンドはCDと同じ。すごい上手に聞こえてしまうんです。この練習環境が悪かったと思います。音を絞るとピッキングが強くても弱くても、変化が感じられません。 いざ、スタジオやライブハウスなど大型のアンプを使って、大音量でギターをプレイすると、ピッキングの強弱がはっきりと出ます。後で録音した音を聞いたときに、ギターの音が平べったく、感情がない演奏になっていることに気づきました。 そんな私がどう挫折を克服したか、オススメするギターの上達方法は、 自分の弾いたフレーズをレコーダーに録音して客観的に聞き直す方法です。 初心者の頃は、指の運動に意識してしまい、スムーズにいかず、弾くことに集中しているので、聞き手として客観的に分析することが難しいです。自分が弾きていると思っていたフレーズでも、録音した音を聞いてみたら、もたついていたり、ピッキングがうまくできていないことが良くわかります。 つまり自分の何が悪いのか、まずはそこに気づくことから始め、徐々に改善していきます。 今は、スマホにマイクが付いてますので、定期的に録音していくことで、自分の上達ぶりもわかるので、練習を続けるモチベーションを保つことができます。 1年間程、この練習方法を続けた結果、初めの頃に録音したフレーズを聞き返すと自分でも、うまくなったと実感できましたし、他人からも評価されるようになりました。オススメの練習方法です。

初心者おじさんのギター練習記録【Hさん投稿】

以前からアコースティックギターを格好良く弾きこなす姿にあこがれていました。 あこがれはあれど時間が取れずなかなか始められなかったのですが、最近やっと 練習を始める事が出来るようになりました。まだまだ初心者の域を出る物では ありませんが、初心者がこんな練習をしていたという参考になれば幸いです。 1.楽器選び   まずは楽器を入手しなければ話になりません。ギター好きの友人に相談した所、  最初なんだから中古楽器でもいいんではないかという提案を受けました。なるほ  どと思っていたところ、その友人が使わなくなったギターを格安で譲ってくれる  というので、その話に飛びつきました。現物を見ないで決めてしまいましたが、  程度もデザインも良く、良い買い物が出来たと思っております。   2.個人練習    練習を始めるにあたって、まず気になったのが音。一戸建て住まいですがそれ   でも廻りに迷惑を掛けるのではないかと考えました。色々調べた所、ピックで音を   小さくするグッズがあるようなのでそれを導入。完全にとはいきませんが、相当   練習音を軽減することに成功。真夜中などでなければ練習をすることが出来るよう   になりました。    3.レッスン教材や実際の練習    楽しくなければギターじゃない。難しい事は後回しにしようという考えで、とに   かく好きな曲を弾くことから始めました。しかしそうした練習もおのずと限界が   きます。そこで活用したのがインターネット。youtubeを検索すればいくらでも   ギターをはじめとしたレッスン動画が検索できます。さらに便利だと思ったのが   スカイプを利用したレッスン。前述した友人にお礼をしつつ、スカイプで分から   ない所を指導してもらいました。スタジオ代もいらず、行き来する交通費も時間   もかからない。音が出せる程度の夜中であれば、お互いの都合さえよければ   いつでも相手をしてもらえる。良い時代になったものです。 4.その後    人前での演奏などはまだまだ恥ずかしいですが、ある程度自己満足出来る程度   には上達したのかと思います。こうした文明の利器を使って練習するのも一つの   手立てだと記憶の済みにでも留め置いてもらえれば幸いです。    以上つまらない話でしたが、初心者おじさんのギターレッスン体験記でした。