ギターの種類


ギターの種類


クラシックギターはギターの元祖で、昔は弦に羊の腸(ガット)を使っていたのでガットギターと呼ばれることもあります。今は弦にナイロンやフロロカーボンといった釣り糸と同じ素材を使っています。ほぼ100パーセント直接指で演奏します。フラメンコギターは音の立ち上がりを早くするために軽い素材で作られています。

フォークギターはクラシックギターと比べボディーが大きく、ネックは細く、鉄などの金属の弦を使います。
現在は一般的にアコースティックギターというと鉄弦を張ったフォークギターの事を指すようになりました。
mステとかに出てくるアーティストの使っているアコースティックギターのほとんどがフォークギターです。

クラシックギターという名前からクラシック音楽を専門に演奏する楽器というイメージを待たれている方も多いのですが、ジャンルを問わず活躍している楽器です。
クラシックギターが弾き語りで多く使われるジャンルは、ボサノヴァ、演歌ですが、アーティスト次第で可能性は無限にあると思います。

エレキギターは私自身あまり詳しくないので省略させていただきます!

簡単に図に表すとこんな感じでしょうか?(間違ってたら教えてください)

エレガットをクラシックギターの枠から少し外したのはエレガットはクラッシク音楽にはあまり使用されないからです。(個人的には使ってもいいと思うが・・・)エレガットでクラシックを弾くとクラシカルクロスオーヴァーというジャンルで呼ばれるらしいですが、私自身音楽を分類するという考え方はあまり好きでは無いのであまりジャンルについては勉強しないほうがいいと思います。

ギターの種類」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*